シャネルの電池交換について修理職人が詳しく解説します

シャネルの時計修理をお考えならこちらのページをご参照ください
2019-04-25
ティファニーの時計修理を検討しているならこちらのページをご参照ください
2019-04-26

シャネルの時計の電池交換をしてくれるお店を探している

専門店で電池交換をお願いしたい」といった場合にはまずはこちらのページから。

シャネルの時計の電池交換をお考えなら、時計電池交換&修理のタイムレスにご相談ください。経験豊富な時計修理専門の職人がシャネルの時計の電池交換について詳しく解説していきます。

シャネル(CHANEL)は、1910年に創業者のココ・シャネルがフランス・パリで帽子の専門店として創業。1915年に本格的にオートクチュールデザイナーとしてのスタートを切りました。日本には1960年代から輸入が始まり、1980年に日本法人が設立され1994年には銀座・並木通りにシャネルブティックが開店しました。現在ではオートクチュールをはじめ、高級既製服、アクセサリー、ジュエリー、香水、化粧品、時計、アイウェアなど幅広い商品展開をしています。

メーカーでの電池交換

シャネルの時計をメーカーで電池交換する場合は購入店に相談してみましょう。メーカーに電池交換に出す際は以下の点に留意しましょう。

  • 保証書、領収書、ギャランティーカードがないと電池交換を断られる場合がある。
  • 見積もりや納期に時間がかかる場合が多い。
  • 電池交換費用が高額になる場合がある。
  • 電池が切れて時間が経過したものの場合断られるケースがある

 

〇シャネル公式サイト

 

修理専門店での電池交換

メーカでの交換にこだわらない、メーカーに電池交換を断られた、近くに購入店がないといった場合修理専門店での電池交換を検討しましょう。

時計電池交換&修理のタイムレスはベテランの修理職人が修理を担当いたします。
修理専門店に修理を出す際は以下の点に留意しましょう。

  • 保証書、ギャランティーカードなどがなくても電池交換を受付けます。
  • 見積もりや納期は比較的迅速に行います。
  • メーカーの電池交換と比較して安価に収まることが多いようです。
  • 職人に直接要望を伝えることが可能な場合が多い。

 

時計電池交換&修理のタイムレスでは他の修理店では断られることの多いシャネルの時計の電池交換も可能です。
ブランドウォッチの修理、電池交換の経験多数の修理職人が電池交換を行いますので安心です。

シャネルの時計 電池交換

電池が切れて時計が動かなくなってから電池交換をするのでは遅すぎます。シャネルの時計は定期的に電池交換をすることをおすすめします。

時計の電池は時計の大きさ・仕様・コンディションによって大きく変わりますので電池の寿命もそれぞれ違います。

2年に1度電池交換をすることで大きな故障やトラブルを避けることができます。

これは時計電池交換の際には時計内部を開けるので、ムーブメントの状態も確認することができるためです。

  • 電池交換 2000~3000円

 

J12の電池交換

シャネルの時計でも特に人気の高いJ12は防水機能を維持するために通常の電池交換に加え防水テストなど特殊な電池交換になります。

  • 電池交換 2000~3000円
  • 電池+パッキン交換 3000円
  • 防水テスト 4000円~

 

シャネルの時計は電池切れで止まったまましばらく放置しておくと電池の液漏れが発生するなど故障の原因になります。使用頻度の低い時計でも電池は定期的に修理専門店で時計の健康診断も兼ねて交換することをおススメします。その他電池交換の他、シャネルの時計修理、ベルトのクリーニングなどのご相談もお気軽にどうぞ!まずは無料のメール見積りをご利用ください

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。