シチズン(CITIZEN)の時計修理と電池交換を修理職人が紹介!

アルバ 時計
アルバ(ALBA)の時計修理と電池交換を修理職人が紹介!
2019-08-07
セイコー時計
セイコー(SEIKO)の時計修理と電池交換を修理職人が紹介!
2019-08-08
シチズンエコドライブ

シチズンの時計をオーバーホールに出したいけどどこにだせばいいの?

シチズンの時計が動かない!故障かな?」といった場合にはまずはこちらのページから。

シチズンの時計の不具合、修理でお困りなら時計電池交換&修理のタイムレスにご相談ください。ハイブランドの時計修理専門の職人がシチズンの時計修理を解説していきます。

シチズン(CITIZEN)山﨑龜吉が「懐中時計を国産化したい」と1918年(大正7年)シチズンの前身である尚工舎時計研究所を設立しました。シチズンの名は、「市民に親しまれるように」の意味(そもそもシチズンは英語で市民の意味を表している)で山崎と親交の深かった貴族院議員で当時の東京市長であった後藤新平が名づけたとされています。シチズンの腕時計は世界シェアの3割以上を占めており、セイコー、カシオ、と日本が誇る技術力が結集されている主要国産3ブランドです。

シチズンの時計メーカー修理の場合

シチズンの時計の修理、電池交換など、オリジナルパーツでの修理を希望する場合、メーカーでの修理を検討しましょう。シチズンの時計修理についてはカスタマーサポートセンターにお問い合わせください。保証期間内で保証書がある場合、無料で修理が可能な場合もあります。一般的にメーカーでの修理は見積もりや納期に時間がかかり、修理費用も高額になるケースが多いので注意が必要です。

シチズン メーカー修理サイト

 

シチズンの時計修理専門店での修理の場合

メーカーでの修理を断られたり、保証期間を過ぎている場合、また、オリジナルのパーツでの修理にこだわらない場合は修理専門店での修理を検討しましょう。メーカー修理と比較して、見積もりや納期が早く、修理費用も安く収まることが多いようです。時計電池交換&修理のタイムレスでは、無料の修理見積をメールで受付けています。

 

シチズンの時計電池交換

シチズンの時計が動かなくなった場合、一番多い原因が電池切れによるものです。時計電池交換&修理のタイムレスでは2年に一度の定期的な電池交換をおススメしています。またホームセンターなどにシチズンの時計の電池交換を依頼しても断られるケースが多いので、修理専門店に電池交換を依頼するのをおススメします。

又、パッキンが劣化すると防水性に支障が出てしまい内部に湿気や水分、汚れが侵入します。錆や動作不良、故障の原因にもなりますので消耗品であるパッキン交換も電池交換と一緒にをおすすめします。

  • 時計電池交換 1,500~3,000円
  • 防水パッキン交換 1000円~

 

エコドライブのソーラー電池交換

メーカー以外の一般店では断られることの多いソーラー時計の電池交換も一部商品を除き可能です。ソーラーは電池交換不要と誤解されている方も多いですが、実はソーラー時計も電池交換が必要です。ソーラー腕時計には2次電池という蓄電池が入っています。通常の電池よりもかなり長く使用できますが、電池の劣化は時間とともに必ず起こり定期的な交換が必要になります。ただし、2次電池が出回っていないメーカーでしか交換不可のものもあります。

  • ソーラー2次電池交換 5000~7000円

注意:ソーラー電池の時計で普通の電池交換だと思って電池交換にいらっしゃるお客様がとても多いです。時計をよく見ると「SOLAR」の文字が書いてあるものが多いです。また購入時にもご確認ください。

 

オーバーホール(分解修理)

個性的なデザインのシチズンの時計を長く使い続けていきたい場合、定期的にオーバーホールを修理専門店に依頼するのをおススメします。壊れてしまってから修理に出す場合と比較すると、修理費用や時間が抑えられ、壊れてしまうのではないかと不安になることもありません。

  • オーバーホール 12,000円~

 

ベルトクリーニング・交換

長く愛用している時計はベルトも傷んできます。そういった場合ベルトのクリーニング、ベルトの交換が可能です。豊富な種類のベルトから選んで交換ができます。

  • 金属ベルトクリーニング 3,000~5,000円
  • ベルト交換 3,000円~

 

その他、ベルトの調整、ガラスの交換など、もう、動かない、使えなくなったとあきらめる前にシチズンの時計修理については無料見積もりにてご相談ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。