自分で腕時計電池交換する前に知っておいてほしいこと

DIY時計電池交換を試みる方へ

「電池交換を自分でやって安くあげたい」と考え
ている方に前もって知ってほしいことが何点か
あります。

当サイトでは基本的にはご自分での時計
電池交換をおすすめしていません。

理由は何点かありますが主なものは

  1. 時計を傷つけるリスク
  2. 時計の健康面でのリスク
  3. 時計を壊してしまうリスク

とあります。

それぞれのリスクに関しては別のページにて解説
しているのでそちらを参照ください。

それでも時計の電池交換を自分でやってみたいと
いうチャレンジ精神が旺盛な方にこのページでは
どうやったらリスクを避けられるかなどについて
案内していきます。

またブランド別の電池交換方法なども主要メーカ
ーに限り掲載しているのでそちらも別途参照
ください。

当サイトを参照し、ご自分で電池交換した際に
被った
いかなる被害に関しても当サイトは免責と
させていただきます。

電池交換を自分でやってもリスクが低いケース

当サイトの基本的な考えは数百円程度しか変
わらないなら自分でリスクが高い電池交換をやる
よりも専門店に任せたほうがよほどいいという
スタンスです。

しかし下記のようなケースであればDIY電池
交換でもあまりリスクは少ないと思われます。

  • 時計自体が安価で代替えがきくもの

時計自体が1000~5000円程度の料金でかつ
同じモデルが現行で購入できる場合はDIY
電池交換は悪い選択ではないかもしれません。

  • 比較的安い時計のコレクターの方

時計専門店に電池交換するとなぜ安心なの
かといえば職人の経験値が格段に高いからです。

そこで比較的安価な時計を大量にコレクション
している方はコスパ的にも電池交換セットを
一式買ってご自分で経験を積みながら時計と
付き合ったほうがいいかもしれません。

経験を積むことで電池交換の際のリスクもある
程度は避けられますし、当然コストも安くなります。

高い時計をコレクションされている方は、リスク
を考えて時計の専門店に依頼しましょう。

  • 壊れるの覚悟でとりあえずやってみたい方

傷ついても、最悪壊れても構いません。といった
場合はDIY電池交換はさほど緊張するものでは
ありません。

ただ一部のブランドの時計に関してはDIY電池
交換をしようとしても出来ないものも多数あり
ますので気を付けましょう。
(ニクソンなどの100m以上の防水機能があるものに
関しては、数万円の専用工具がないとプロでも
交換が困難です。)