マイケルコース(Michael Kors)の時計電池交換でお困りなら

デジタルのアイアンマン
タイメックスの電池交換なら!|料金・依頼方法・修理方法を紹介
2017-01-29
レザーベルトのダニエルウェリントン
ダニエルウェリントンの時計が止まってしまったら|料金・依頼方法
2017-06-10

マイケルコースの時計電池交換について

マイケルコースの時計がいきなり止まってしまったら、時計の電池切れである場合が8割です。

こちらのページではマイケルコースの時計メインテナンスについて経験豊富な時計修理職人が紹介していきます。

腕時計が止まってしまったからといって使用をやめてしまう前にこちらのページを参照ください。

秒針が止まってしまった場合の対処方法

まずは時計が動かなくなった場合です。殆どの場合が内部の電池切れですので電池交換を依頼しましょう。

電池交換のみであれば料金も安価にすみます。早めの電池交換がおすすめです。

  • 電池交換(マイケルコース) 2160円
    *一部特殊なモデルは別途見積もり

 

電池交換は通所う2年に1回程度の頻度でするのが一番です。

また電池交換の際には同時に防水パッキンの交換も欠かさないようにしましょう。

  • 防水パッキン交換 1080円

 

ベルトがきつかったり、ゆるかったりした場合は?

いつも使っていてベルトがゆるかったりきつかったりした場合はベルトのサイズ調整を依頼しましょう。

ベルトがきつく、追加できるコマがある場合は問題なくサイズアップできます。

追加できるコマがない場合はコマの取り寄せになります。マイケルコースのモデルによってはコマの取り寄せができない場合もあります。こちらは随時お問い合わせください。

  • ベルトサイズを小さく 1000円
  • ベルトサイズを大きく(コマ持参) 1000円
  • ベルトサイズを大きく(コマ取り寄せ) 4000円~

 

時計の故障が疑われる場合

新しい電池を入れても動作しない場合は故障のケースが多いです。分解修理になります。

こちらは通常お預かりしてからの見積もりとなります。

また時計のベルトが損傷した場合は時計ベルトの交換にて対応可能です。最寄りのベルトにて交換します。(数種類から選択可能)

その他の修理について

その他スワロフスキーのクリスタル外れの際にもお預かりにて取付が可能です。

クリスタルがなくなってしまった場合に関しては対応可能のものとそうでないものがあります。一度ご相談ください。

  • クリスタル取付 3000~4000円