オリスの時計修理&電池交換で迷っているならこちらを参考にしましょう!

フォリフォリの時計修理について解説いたします
2019-04-13
エルメスの時計の電池交換で後悔しないために
2019-04-13

オリスの時計修理を検討中

ベルト交換したいけどオリスに合うのがない!

といった場合にはまずはこちらのページを参照しましょう。

オリス(Oris)の時計の不具合、ベルト交換、修理でお困りなら時計電池交換&修理のタイムレスにご相談ください。ハイブランドの時計修理専門の職人がオリスの時計修理を解説していきます。

オリス(Oris)は、オリスは、1904年にスイスで腕時計専業のブランドとして創業しました。「真のスイス製機械式時計」を企業理念の一つに掲げ、日常生活での使用を想定した比較的廉価な機械式時計を中心に製造しています。「ビッグクラウン」「ポインターデイト」など他社とは異なったデザイン・技術を採用した製品が特長です。

オリスの時計 メーカー修理の場合

オリジナルパーツでの修理を希望する場合、メーカーでの修理を検討しましょう。オリスの時計をメーカー修理、オーバーホールはサービスセンターで受付けていますので相談してみましょう。
メーカー修理に出す際は以下の点に留意しましょう。

  • メーカー修理の場合オリジナルパーツを使っての修理が可能。
  • 見積もりや納期に時間がかかる場合が多い。
  • 修理費用が高額になる場合がある。
  • 保証書、領収書、ギャランティーカードがないと修理を断られる場合がある。
  • 修理内容によっては修理を断られるケースがある。

◯メーカー公式サイト

オリスの時計 修理専門店での修理の場合

オリジナルのパーツでの修理にこだわらない、メーカーに修理を断られた、といった場合修理専門店での修理を検討しましょう。

時計電池交換&修理のタイムレスはブランドの時計修理を専門に行ってきたベテランの修理職人が在籍しております。

修理専門店に修理を出す際は以下の点に留意しましょう。

  • オリジナルのパーツでの修理は基本的にできません。
  • 保証書、ギャランティーカードなどがなくても修理を受付ける。
  • 見積もりや納期が比較的迅速。
  • メーカー修理と比較して修理費用が安価に収まることが多い。
  • メーカーに断られて修理も受付けてもらえる場合が多い。

 

オーバーホール

オリスの時計を長く使い続けたいといった場合、定期的なメンテナンス、オーバーホールが必要です。時計電池交換&修理のタイムレスでは熟練の修理職人がムーブメントを分解し丁寧にオーバーホールを行いますので安心です。

  • オーバーホール 15,000円~

 

電池交換

他の修理店で断られることの多いオリスの時計の電池交換も承ります。電池交換は切れてしまってからではなく、2年に1度の定期的な交換をおすすめしています。

また、防水機能の付いたオリスの時計の電池交換の場合、防水機能を維持したままの電池交換、生活防水まで機能を落しての電池交換どちらもご相談の上承ります。

  • 時計電池交換 1,500~2,000円

 

ベルト交換

オリスの時計を長く愛用していると、ベルトが消耗してしまい交換が必要になることがあります。そういった場合時計電池交換&修理のタイムレスでは多くの時計ベルトからオリスにピッタリの交換ベルトをお選びいただけます。ベルト交換をしてさらに長く愛用していきたいですね。

  • ベルト交換 3,000円~

 

メーカーでの修理を断られたり、保証期間を過ぎている場合、また、オリジナルのパーツでの修理にこだわらない場合は修理専門店での修理を検討しましょう。メーカー修理と比較して、見積もりや納期が早く、修理費用も安く収まることが多いようです。時計電池交換&修理のタイムレスでは、無料の修理見積をメールで受付けています。

その他、ベルトの調整、ガラスの交換など、もう、動かない、使えなくなったとあきらめる前にオリスの時計修理については無料見積もりにてご相談ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心して修理ご依頼ください。