タイメックスの電池交換なら!|料金・依頼方法・修理方法を紹介

zucca logo
ズッカの時計電池交換について
2017-01-19
マイケルコース(Michael Kors)の時計電池交換でお困りなら
2017-06-01
デジタルのアイアンマン

タイメックスのアイアンマン。デジタル表示が薄くなってきたら電池を交換してください。

タイメックスの腕時計とメンテナンスについて

コレクターも多いタイメックスの時計とメンテナンスについてのご案内です。時計が止まってしまった場合などはこちらの記事を参照ください。

タイメックスは実質的にアメリカに本社を置くほぼ唯一の時計メーカーです。アメリカの大衆時計ブランドといえばタイメックス(TIMEX)です。

当サイトでは時計の電池交換やメンテナンスは専門店に依頼することをお勧めしています。

タイメックスの時計の特徴について

タイメックスが基本として持つコンセプトは「一般人でも手に入る時計」というものです。

時計が高級品であった19世紀のアメリカにおいて比較的安価で耐久度の高い時計をタイメックスは製造してきました。

タイメックスの魅力はたくさんありますが大きくまとめると下記の3点に集約されるのではないでしょうか。

  1. デザインの豊富さ
  2. お手頃な価格
  3. コラボ商品、限定商品の豊富さ

 

タイメックスがここまで大衆的になったのはなんといってもデザインや機能が多種多様なことです。

カンパー、ウィークエンダー、サファリ、アイアンマンなど売れている時計のシリーズをあげるだけで数十種類あるのではないでしょうか?

特に売れ筋のウィークウエンダーなどは世界で最も売れている時計の一つとなっています。

次に特徴的なのでその価格です。ほとんどのモデルが2万円をきる価格帯となっていて、1万円を切るモデルも多数あります。この価格帯が多くのタイメックスコレクターを育てているとも言えます。

またショップやブランドとのコラボ時計も実に多く限定商品が多いのも特徴です。

 

タイメックスの電池交換依頼方法

デジタルの表示きれ

デジタルが表示されなくなっても電池交換にて回復します。

タイメックスの時計が止まってしまったり、時間が遅れてきたら、早めに電池交換に出しましょう。腕時計は精密機械です。止まったままにしておくよりも動いている状態をキープしておいたほうが、時計にとっても良いです。

タイメックスの電池交換の目安は一般的に2年周期をお勧めしています。定期的に電池交換を依頼することで時計の良いコンンディションが保たれ時計を長く愛用することができます。

タイメックス時計の電池交換を依頼するには2通りあります。購入店に依頼するか、もしくは時計メンテナンス専門店に依頼するかのどちらかになります。

メーカー保証期間外の場合や安価に電池交換したい場合は時計メンテナンス専門店がおすすめです。

タイメックスの電池交換やメンテナンスにかかる費用

電池交換にかかる費用のご案内です。当サイトのタイメックス時計電池交換費用を例に紹介していきます。

アナログのタイメックス

クロノグラフのタイメックス。

裏蓋部

裏蓋はこじ開け式。特殊な工具で裏蓋をあけて電池交換します。

電池部

タイメックスの電池はやや大きめのタイプを使用しているものが多い。電池抑えを外してから交換する。

実は、電池交換にかかる費用は店舗によってそれほど違いはありません。違いがあるのはサービスと修理技術の質のほうです。

当サイトではタイメックス腕時計のメンテナンス経験が豊富ですので、安心してお任せください。

  • タイメックス電池交換(アナログ) 1000~1500円
    *一部特殊なものを除く
  • 電池交換(デジタル) 1500~2000円
  • ベルト詰め 1000円
  • 防水パッキン交換 1000円

 

タイメックスの時計修理について

タイメックスの修理に関しては購入店に依頼するか、もしくは時計メンテナンス専門店に依頼するのが一般的です。

当サイトでもタイメックス時計の修理を承っています。時計の修理に関しては通常商品を確認してからの見積もりとなることが多いですので気を付けましょう。