クラス14(Klasse 14)の電池交換でお困りなら

The Fifth Watches(ザ・フィフス・ウォッチ)の電池交換について
2016-12-17
アンクライン ロゴ
アンクラインの電池交換でお困りなら
2016-12-22

クラス14 の腕時計とメンテナンスについて

奇抜なデザインでとても人気のあるクラス14(Klasse14)の腕時計メンテナンスについてのご案内です。

クラス14の時計はそのほとんどがクオーツ時計です。動作しなくなってしまっても通常は電池交換のみで再び動くようになります。

クラス14腕時計の特徴はなんといってもそのベゼルと文字盤のデザインです。まさにほかにはないデザインなので熱狂的なファンも多いようです。

時計のモデルによっては入荷待ちになっているものもあるので、注意しましょう。

クラス14の電池交換依頼方法

クラス14の「日本代理店はセレクトワンになっています。また並行輸入品などを除いてすべての時計に2年の保証がついてますので、2年以内の故障などは一度代理店に問い合わせてみましょう。

注意が必要なのは保証期間内でも電池交換は通常有償になります。

保証が切れているものもしくは並行輸入品などは時計メンテナンス専門店に電池交換依頼するのが一般的です。メーカーでの修理に比べて安価かつスピーディーに依頼できるのが特徴です。

クラス14の電池交換にかかる費用

当サイトの価格をサンプルにクラス14の電池交換にかかる費用を案内していきます。

特殊なものを除いてほとんどが当サイトで電池交換可能です。

  • 電池交換 2000円
    *一部特殊なものを除く
  • 防水パッキン交換 1000円
  • ベルト詰め 1000円
  • ベルト交換 5000円~

 

クラス14の時計修理について

こちらではクラス14の時計修理についてのご案内です。どういった修理が可能なのでしょうか?

一般に時計の修理に関しては一点一点見積もりとなりますが、参考価格を下記にまとめてみました。

修理に関してはパーツの有無が非常に重要になってきます。基本的にパーツがないものは修理ができないことが多いです。

古いシリーズのクラス14時計や並行輸入品などはパーツがないこともあり得ますのであらかじめご了承ください。

  • 時計ベルト交換 6000~9000円
  • ガラス交換 1万円~
  • オーバーホール 15000円~
  • 竜頭交換 8000円~
  • ベルトコマ足し 6000~8000円
    *3コマまで

 

そのほかの修理に関しては時計を拝見してからの見積もりになります。